JAいぶすき観葉植物部会
公式WEBサイト

観葉植物

温度

ほとんどの観葉植物は熱帯性の植物で、種類によって多少の差はあるものの最適温度は20~25℃位です。一般的な室内ではあまり意識する必要はありませんが、極端な高温や低温の環境では生育に支障が出るので、適切な温度管理が必要です。

クーラーやヒーターの風が葉に当たると、株が弱って葉が落ちてしまうので注意してください。

越冬

ほとんどの観葉植物は一般的な室内では、特に意識することなく越冬することが可能です。ただし、夜間冷え込む室内や、寒さに弱い観葉植物を越冬させるためには保温が必要な場合があります。

ハードニングを行う:

育成中に積極的に日光に当てる、低温に慣らしておく、用土を乾燥気味にする、などの工夫で植物の耐寒性が増します。これらの耐寒性を高める工夫をハードニングといいます。

置き場所を工夫する:

日中は窓際に置き、夜間は温度の下がる窓際を避けて部屋の中央や高い所などの温かい場所に移動します。

保温する:

夜間冷え込む室内や、寒さに弱い観葉植物(越冬に5~10℃を要する植物)を越冬させるには保温する必要があります。夜間に発泡スチロールや段ボールで覆ったり、お風呂の残り湯を利用する方法があります。