JAいぶすき観葉植物部会
公式WEBサイト

観葉植物

トネリコ

学名 Fraxinus griffithii
和名 シマトネリコ
流通名 シマトネリコ
分類 モクセイ科トネリコ属
性状 半落葉高木
原産地 琉球列島、台湾、中国南部
用途 中鉢・大鉢
光量 夏は直射日光をさける
耐陰性 あり
温度 10~5℃
普通
葉水 効果有り
越冬比較的寒さには強く、関東以西では寒風を避ければ庭木として植えることもできます。
施肥 
植え方 
増やし方実生や挿し木で増やします。

情報

 トネリコという名前は日本独特の呼び名で、「共練り濃」が変化したものだそうです。アメリカではアッシュと呼び、エレキギターやバッドの材料とし て広く使われています。本来のトネリコはサトトネリコ(F.jpaponica)ですが、観賞用にはシマトネリコ(F.griffithii)が、トネリ コの名前で流通しています。Fraxinusは、西洋トネリコのラテン語での古い呼び方に由ります。

 トネリコ(アッシュ)は、バットの材料としてはもちろん、北欧神話では重要な役割をします。北欧神話で宇宙樹イグドラシル(ユグドラシル)は、トネリコの 木であるとされますし、主神オーディーンはトネリコから最初の男性アスク(askr)(又はアスケ(ask))を造ったとされます。

 小さな愛らしい葉っぱが好まれて、最近人気の観葉植物です。癒し効果や空気の浄化作用も強いとされます。樹形は乱れにくいので、剪定の必要はありません。寒さにも比較的強く丈夫です。明るい場所に置いて管理してください。6~7月に花も咲きます。